企業信用調査の、リスクマネジメントに役立つ3つの項目について紹介・解説しています。


企業防衛とは、盗聴器や盗撮器、
社内スパイや社内不正から
企業を守ることです。

 

盗聴器は日々進化を遂げています。
中には傍からは盗聴器には見えないものも
多くあります。ましてや今日では一般家庭でも
知らないうちに盗聴器が設置されていたり
するのですから、企業に設置されている
可能性はより高いと言えるでしょう。
盗聴器や社内スパイによる機密漏洩は、
直接的な損失以外にも
会社の危機管理の甘さを問われて
イメージダウンすることにもなります。

 

そこで、企業防衛です。

 

盗聴器や盗撮器に対しては
発見調査・除去作業を行ってくれます。
一般的な盗聴発見器では見つからないような
盗聴器も見つけてくれるところもあります。
企業スパイや不正対策に対しては、
一般的な行動調査に加えてカウンターと呼ばれる
企業スパイを特定するための内部調査員を
使用してくれることもあります。